カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋

トップページ

鬱(うつ)病の方へ の応援・情報サイトです。

 

   このサイトで言うところの 鬱(うつ)病とは、
   メランコリー親和型うつ病、ディスミチア親和型うつ病、
   非定型うつ病、躁鬱病、気分障害、も含む 鬱(うつ)のことです。

 

「鬱(うつ)病が治らない」とお嘆きのあなたへ…。
 心理カウンセラーである私が、うつ病の治し方や、
 再発防止のお話を、様々な角度から させていただきます。

うつ病の種類

うつ病の特徴

 

1.気分の落ち込み。不安で落ち着かない。イライラする。焦る気持ち。
2.何事にも意欲が沸かない。何もやる気がしない。自分には生きる価値がないと思う。
3.何も考えられなくなる。集中力がなくなり、新聞すら読めなくなる。テレビを見ても内容が頭に入ってこない。今まで普通に出来ていたことも出来なくなる。死んだ方がマシだと思う。「嬉しい」等という喜びの感情が喪失する。
4.身体がだるい。直ぐに疲れる。休憩しても疲労感が拭えない。何を食べても「美味し」いと感じない。
5.夜よく眠れない。寝付くのに時間がかかる。夜中に何度も目が覚める。朝早く目が覚めてしまう。または、寝過ぎ。どれだけ寝ても眠たい。
 ↑
上記の症状が2週間も続くようでしたら、病院(精神・神経科、心療内科、メンタルクリニック)、もしくは精神医学の知識に長けているカウンセラーがいるカウンセリングルームに行ったほうが賢明です。

 

 

 

 

様々なうつ病

 

1.メランコリー親和型うつ病
メランコリー親和型性格とは、生真面目で几帳面、責任感が強い性格を持っている人のことを言います。こういう人は、社会的には評価されますが、その反面、他人の評価が気になり、問題が起こると悲観的になる傾向が強いです。
メランコリー親和型性格の人は、ストレスを抱え込みやすく、そのストレスが原因となって発症するうつ病を「メランコリー親和型うつ病」と言います。メランコリー親和型うつ病の方は、「自分はうつ病ではない。ただ単に怠けているだけだ」と言い、自責の念を持つことが多いです。
朝早く、気分が悪過ぎて、目を醒ますことが多いです。朝起きた時から絶望的な気持ちに支配されていることが多いです。体調や気分の変化は少ないです。常に気分が塞いでいます。
ディスミチア親和型うつ病の方と違い、休みたがりませんし、薬も飲みたがりませんが、十分な休養と服薬で回復しやすいです。メランコリー親和型うつ病の方は、100万円をあげても喜びもしません。

 

 

2.ディスミチア親和型うつ病(非定型うつ病)
「新型うつ病」と呼ばれることも多いです。気分の落ち込みはあるものの、それは、本人がストレスを感じる場面に限定され、それ以外の場面では、趣味や好きなことには、嬉々として取り組むことが多いです。楽しめたことや好きだったことにも関心を持てなくなるメランコリー親和型うつ病とは対照的です。
「自分がうつ病になったのは○○のせいだ」と他責の念を持つことが多いです。お昼頃まで寝ていることが多いです。体調や気分の変化が大きく、自分の好きなことをしている時は元気です。仮病もしくは自分勝手でわがままな奴と思われがちですが、疾病であり、適切な援助が必要です。
休養と服薬だけでは、なかなか良くなっていきません。「悩む力」、すなわち「問題を捉え、向き合っていく力」が弱いわけですから、問題を正しく認識できるよう、意欲を引き出せるような関わりが必要となります。ディスミチア親和型うつ病の方には、カウンセリングが効果的です。彼らは、100万円をあげたら大喜びします。

 

 

3.双極性障害(躁うつ病)
ハイテンションで活動的な躁状態と、憂うつで無気力なうつ状態をくりかえす病気です。躁状態になると、眠らなくても活発に活動したり、尊大な態度を取ったり、大きな買い物やギャンブルなどで散財することがあります。
躁状態ではとても気分がよいので、本人には病気の自覚がありません。そのため、うつ状態の時に、病院へ行くことが多くなるのですが、うつ病とは異なる病気なので、うつ病の治療だけでは双極性障害は良くなりません。よって、本人だけでなく、周囲の人も、日頃の様子や気分の波を見守り、双極性障害に気づくことが大切です。
気分の波は、誰にでもありますが、双極性障害の方は、その度合いが強過ぎて、社会生活を送るのが困難になっています。

 

 

4.気分障害
気分障害とは、文字通り、気分が沈んだり、気分が高揚したりする病気です。以前は感情障害と呼ばれていましたが、泣いたり笑ったりする「感情」の病気というよりも、もっと長く続く「身体の調子の病気」という意味で、気分障害と呼ばれるようになりました。気分障害には、「うつ病」と「双極性障害」があり、「統合失調症」は気分障害には入りません。

 

 

ご挨拶

カウンセリング

私は、愛知県名古屋市にあるカウンセリングルーム「心の相談室with」の室長をやっています、心理カウンセラーの竹内成彦と言います。

 

・臨床数は、1万5千回を超えました。
・講演や研修数は、800回を超えています。
・本は、自費・共同・企画出版を含めて数冊出しています。
・恥ずかしながら、「心の病199」は、私が書いた本です。
・テレビや雑誌には、ほんの時々出ております。

 

セミナーを開いたり、本を出したり、若いカウンセラーのコンサルティングをしたり、
ブログを書いたり、こうやってホームページを作ったりしていますが、本職は心理臨床家です。

 

今回、鬱(うつ)病で苦しんでいる方のために、
「何か 自分に出来ることはないか?」と思い、このサイトを立ち上げました。

 

なぜ、鬱(うつ)病が治らないのか?
治すために何をすればいいのか?

 

       治療法などを具体的にわかりやすく書き綴ってまいりたいと思います。

 

最後まで、どうぞ、ごゆっくり お付き合い下さい。
お急ぎの方は、私のカウンセリングルーム(名古屋にあります)へお越し下さい。
カウンセリングのご予約は、こちらから承っています。

 

次のページ

個人情報保護方針

個人情報保護方針
当サイトは、お客様のプライバシーに係わる個人情報を保護することに細心の注意を払い取り組みます。当サイトにおいて、お客様ご自身の判断により個人情報をご提供いただく場合がございますが、その情報は必要最小限の情報とし、その他の情報のご提供につきましてはお客様の判断を尊重いたします。

 

個人情報の取得に関して
当サイトでは、お客様に当サイトをご利用いただくにあたり、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。
利用目的に関して
お客様からご提供いただいた個人情報は、お客様がご利用になるサービス及び、弊社業務の範囲内に限り使用させていただきます。また、各お申し込みの際に、別途利用目的が明示されている場合は、そちらの目的に従い利用させていただきます。

 

管理・保護体制に関して
当サイトは、お客様からご提供いただいた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

 

提供・提示に関して
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。

 

お客様ご本人様からの開示等の請求手続きに関して
当サイトがご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切に対処させていただきます。

 

個人情報の取り扱いに関する相談窓口
お客様の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、お問い合わせページからお願いいたします。

 

お客様の同意について
当サイトは、お客様が当サイトを利用されるにあたり、当サイトの個人情報の取り扱いに対する考えに同意を得ておられるものと考えます。また、当サイトのご利用は、お客様の責任において行われるものとします。
今後、ここに記載された内容が予告なく改訂される可能性がありますのでご了承下さい。

特定商取引法に基づく表示

販売業者
心の相談室with

 

運営統括責任者
竹内成彦

 

お問い合わせ先
〒460-0024
愛知県名古屋市中区正木4-6-10 羽衣ビル301号室
TEL:052-683-0333

 

販売価格
当サイト上で表示されている商品価格にて販売。但し、お客様のご注文確定時の表示価格と異なる場合は、お客様ご注文確定時の表示価格が商品価格となります。

 

商品の送料・手数料
各商品情報欄に記載しております。

 

その他お客様が負担する費用
振り込み手数料

 

返品に対する対応
商品の特性上、返品はお受けしかねます。不良品に関してましてはこの限りではございません。

 

商品引き渡し時期
商品のご注文を確定されてから、発送までに要する時間は通常24時間~72時間以内とさせていただきます。但し、商品情報欄にて、個別の引き渡し時期が設定されている場合は、商品情報欄の引き渡し時期にて、対応させていただきます。年末・年始、夏期休暇、お休みの場合は、上記の限りではございません。

 

お支払の方法
各種クレジットカード、銀行振り込み。

 

お支いの期限
銀行振り込みの場合、14日以内にお振り込みが無かった場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。

 

ページトップへ戻る