カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋

うつ病が治らない理由

うつ病を治す方法は下記です。
1.脳を回復させる。
2.性格およびモノの考え方を改善する。
3.環境を整える。

 

医者に行って、薬を貰って、それを飲むという行為は、
1の脳を回復させる方法の、ほんの一部をやっているに過ぎません。

 

うつ病がずっと治らないという嘆く人は、2や3をやっていないことが多いです。
だから、いつまで経っても治らないのです。

 

また、1ですが、薬だけでは不十分です。
脳を回復させる方法は、他に幾つもあります。←ここは非常に重要です。
それと、せっかく薬を飲んでいても、脳に良くないこと(例えば、晩酌など)をし続けていれば、治るものも治りません。

 

私のカウンセリングルームには、うつ病で長年苦しんだ人が訪れることが少なくないのですが、皆さん、数ヶ月の来室で、ほとんど良くなっていきます。

 

それは私が、精神医学に詳しいカウンセラーであり、
薬しか出さない医者や、たまたま自分がうつ病を治した経験をもとにして、再現性のない、科学的な根拠のない治療をする無知なカウンセラーとは違うからです。

 

 

当たり前ですが、
薬は、必要な人が適量飲むのが良く、必要でない人が飲むのは馬鹿げています。
薬は、脳を回復させる、強力で有効な手段のひとつであり、忌み嫌うものでもなく、依存するものでもありません。

 

上記のことからわかるように、脳が弱っていないうつの方は、薬を飲んでも、ほとんど効果は望めません。2と3をやるべきです。

 

2は、認知行動療法や、性格改善などがそれにあたります。
3には、会社を休職する、嫌いな人と関わらないようにする等があります。

 

私は、あなたが
うつのトンネルを抜け出し、晴れやかな毎日を送ることを、心から願っています。
宜しければ、身体に悪い食べ物(脳に良くない食べ物)もご覧ください。

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦